靴下の重ね履きで出来る温活

温活の方法はいろいろありますが、私が長年やっているのが、靴下の重ね履きです。上半身を涼しく下半身を温めることが健康に良いことは昔から知られていますが、靴下で足元を温めることで、自然とその状態を作り出す事が出来ます。この方法は夏には難しいように思われる温活にも使う事が出来るので、クーラーなどの冷えに悩まされている人にもおすすめです。靴下の重ね履きには専用の靴下を使う本格的な方法と、家にある靴下ですぐに出来るお手軽な方法があります。簡単な方法は、家にある靴下を重ねて履くだけなので本当に簡単です。できれば、綿100%の靴下など自然素材のものがあればより効果的です。夏は自然素材の靴下を一枚履いておけば、汗を吸収してくれる効果もあります。建物の中ではクーラーの冷えから足元を守ってくれます。慣れてくると2、3枚重ねて履いても、暑くは感じないで履けるようになりますが、最初は無理をせずに1枚からはじめてみてください。化繊の靴下は夏場では蒸れたりするので、やめた方がいいでしょう。冬はとにかく温かいと感じる枚数を何枚でも重ねてみてください。もちろん冬も自然素材の靴下の方が効果的ですが、手元になければあるものを使ってみましょう。それだけでも結構温かく感じて効果があります。続けられそうな場合は、専用の靴下を購入するのがおすすめです。「冷えとり靴下」という名称で売られていることが多いです。これは絹の靴下と綿の靴下を交互に履くようになっていて、4枚セットになっています。この靴下の組み合わせと履き方が、体温を上げるのに効果的だとされています。人気のある商品なので、種類が多く、探せばお洒落なデザインのものも多くあります。お洒落に気を使いながら温活できるのは嬉しいです。食べ物や運動などの温活はあまり長続きしませんでしたが、この方法は基本靴下を履くだけなので長続きしています。この方法で温活をはじめてからは、昔は苦手だった季節の変わり目も快適に過ごせるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です